平林印刷株式会社

販売支援部 部長 尾山 正悟 様
販売支援部 課長 久弘 京子 様

左から弊社 荒井、平林印刷株式会社 販売支援部 部長 尾山 正悟 様、同部 課長 久弘 京子 様

企業向けノベルティ販売サイトにて、導入1カ月でCVRが16%改善

平林印刷株式会社では、インターネット販売でノベルティ商品の企画提案販売サービスを中心に行っています。
幅広い品揃えと迅速な名入れに対応するノベルティ卸専門店として運営するECサイトの「販促花子」では、CODE Marketing Cloudをご利用いただいています。
本記事では、販売支援部部長の尾山正悟様・同課長の久弘京子様に、CODE Marketing Cloudのご活用についてうかがいました。

取材日:2018.11.15

企業向けのノベルティ販売サイトにCODE Marketing Cloudを導入

――平林印刷株式会社様のECサイトについてお聞かせください。

弊社の運営するECサイトとしては、チラシや冊子などの激安印刷を低価格で手軽に行える「激安印刷太郎」と、高品質で安価の豊富なノベルティを卸値ご提供する「販促花子」がありますが、今回はこの「販促花子」のにCODE Marketing Cloudを導入しました。

――どんなお客様に、どんな製品を販売されているのですか?

主なお客様は企業様で、イベントに使用するなど、自社のノベルティを作成する目的でご利用いただいています。主流の商品は時季によって変わります。夏にはうちわが人気ですし、秋~冬にかけてはカレンダーのご注文が多くなります。その他の時期にはクリアファイルなどです。定番商品から「マカロンふせん」などの工夫を凝らしたアイテムまで、さまざまなものを取り揃えております。 弊社は福井にある会社ですが、全国から多くご注文を頂いており、特に多いのはやはり関東・関西ですね。各地のそれぞれ得意分野が異なる機会を持つ工場との提携などを通じて、迅速に納品できる仕組みを作っています。

――全体の売上に対して、ECサイトでの売上はどの程度を占めているのでしょうか。

ほぼECサイトの売上といえる状況です。ですから、ECサイトの改善は非常に重要なテーマとなっています。

より広い顧客層にアプローチするため、ツール導入後のサポートに期待

――CODE Marketing Cloud導入の背景には、どのような課題感や狙いがあったのでしょうか?

ログイン前後でのバナーの出し分けや、サイト内コンテンツに応じた出し分けなどを通じ、従来施策ではアプローチしきれない顧客層に対してWeb接客を行いたいと考えていたときにご紹介いただき、導入に至りました。 実は私がマーケティング部門に配属されたのが2018年の4月でして、マーケティング知識というものがまだ不足しているので、導入後のサポートもしっかりして頂けるという点は大きかったと思います。

――実際にご導入いただき、どのように感じられましたか?

管理画面はものすごく簡単だったので、その面では手軽さがあり、使いやすいと感じています。また実際の施策についても、マーケティング知識が豊富なエフ・コードさんに様々なご提案をいただけるので助かっています。

導入初月から16%の改善。商品のサンプル請求もよりわかりやすく

――具体的には、どのような施策で効果を感じておられますか?

すでに様々な施策を走らせていて、A/Bテストなど行いながら効果を測定しているところです。会員登録に誘導するためのバナーや、キャンペーンがわかりやすくなるようなポップアップの表示などを複数作り、試している段階です。その際、たとえばポップアップを出すタイミングについて「訪問者の方がカーソルアップをしたときに出すとよい」などアドバイスをいただき、有効だと感じています。 まだツールを導入して1か月ですが、会員登録に至った方・購入に至った方を総合的に見て、CVRが16%増えています。今後施策を進めていけば、さらに良い成果に繋げることができるだろうと期待しています。

―ありがとうございます。平林印刷様ならではの課題に対するアプローチという点では、いかがでしょうか?

商品の特性上、実際にサンプルをご請求いただき実物を見て頂くことが大切です。PCなどの画面で見る印刷仕上がりと、実際の商品の印刷仕上がりを比べると、色味などがどうしても異なってしまいますので、お客様としてもサンプルを確認したいとお考えになる方が多くいらっしゃいます。 そこで、サンプル請求の際にサンプルの色をポップアップで表示させ、わかりやすくかつ申し込みやすくなるようなポップアップを表示しています。

▲「CODE Marketing Cloud」を利用し、特定のページ(URL指定)に指定のポップアップバナーを出した例

お客様ごとに最適化したより細やかなWeb接客を目指したい

――今後のf-tra CTAやエフ・コード製品に期待されることはおありですか?

正直私達は、毎日自社のサイトを見ているため使い方を熟知してしまっており、客観視がしにくくなっています。そこで、お客様目線からの使いにくい・わかりにくい部分のご指摘をいただき、ポップアップを出すなどお客様のサポートに向けてのご提案をさらにいただければと思います。 具体的に今考えていることとしては、割引や納期短縮のキャンペーンについて「キャンペーン終了まで残り〇日」といったポップアップを出して訴求することや、また将来的にはお客様の行動分析を行い、特定のお客様に対して特定のポップアップを出すといった出し分けなども行っていければと思っています。

その他の導入事例

  • <strong>企業向けノベルティ販売サイトにて、導入1カ月でCVRが16%改善</strong>

    企業向けノベルティ販売サイトにて、導入1カ月でCVRが16%改善

    業態:ECサイト運営

    導入効果:CVR向上

    もっとみる
  • <strong>医薬品という繊細な商材だからこそ、的確なメッセージでお客様に訴求</strong>

    医薬品という繊細な商材だからこそ、的確なメッセージでお客様に訴求

    業態:健康食品EC

    導入効果:CVR向上,離脱防止

    もっとみる
  • <strong>バナー最適化の結果、Googleアドセンスの売上が約30%増</strong>

    バナー最適化の結果、Googleアドセンスの売上が約30%増

    業態:メディア運営

    導入効果:回遊時間向上

    もっとみる
  • <strong>伴走型ツールでWebマーケティング経験が少なくても有効な運用</strong>

    伴走型ツールでWebマーケティング経験が少なくても有効な運用

    業態:メディア運営

    導入効果:CVR向上,回遊率向上

    もっとみる
  • <strong>航空券のお得な予約タイミングをバナーでお伝えし、離脱率が改善</strong>

    航空券のお得な予約タイミングをバナーでお伝えし、離脱率が改善

    業態:旅行チケット販売

    導入効果:離脱防止

    もっとみる
  • <strong>ユーザー心理状態を捉えた施策で、コンバージョン率が130%に</strong>

    ユーザー心理状態を捉えた施策で、コンバージョン率が130%に

    業態:人材サービス

    導入効果:CVR向上

    もっとみる
  • <strong>伴走型の運用でのバナー施策が、コンバージョン率を約2倍に改善</strong>

    伴走型の運用でのバナー施策が、コンバージョン率を約2倍に改善

    業態:ECサイト

    導入効果:CVR向上

    もっとみる
  • <strong>ポップアップバナーによるオファー表示で、離脱率を約30%低減</strong>

    ポップアップバナーによるオファー表示で、離脱率を約30%低減

    業態:サービスサイト

    導入効果:離脱率改善,CVR向上

    もっとみる