お知らせ

2018.09.27

【メディア掲載】「日経新聞Web版」「日経X TREND」「Tech Crunch」に、次世代型Web接客ツール「CODE Marketing Cloud」をご紹介いただきました。

お知らせ

「日経新聞Web版」「日経X TREND」「Tech Crunch」」にて、弊社の資金調達、並びに次世代Web接客ツール「CODE Marketing Cloud」についてご紹介頂きました。

▼詳細は以下リンクからご覧ください。

【日経新聞Web版】
エフ・コード マイナビなどと資本業務提携

【日経 X TREND】
購入確率や離脱率をAIで予測 Web接客ツール機能強化相次ぐ

【TechCrunch】
Web接客ツール「CODE」提供のエフ・コードが2.8億円を調達、マイナビなどと資本業務提携

 

▼CODE Marketing Cloudとは
500社以上でCVRを平均134%改善した実績と知見に基づく次世代型Web接客ツールです。エフ・コードでは、2016年よりWeb接客ツール「f-tra CTA」等SaaSの提供を行い、これまでのべ500社以上のWebサイトのCVR改善に寄与してきました。この実績と成果で証明されたCVR改善ノウハウに基づき、機能拡張を前提としたツール設計を行っています。
「CODE Marketing Cloud」を導入した企業は、Webサイト来訪者の訪問回数・訪問ページ等の行動履歴や連携した外部データソースの情報を元に、Webサイト内のユーザー一人ひとりへの接客を最適化することが可能になり、CVR向上やROI向上などの成果が見込めます。また、エフ・コードは「CODE Marketing Cloud」を伴走型ツールと位置づけ、ツールの運用支援コンサルティングを行うことで、マーケターの工数を削減すると同時に、効果的な導入・運用のためのサポートにおいても価値を提供します。
「CODE Marketing Cloud」は2018年7月のリリース直後より、大手企業を始めとした数十社の企業への導入が進んでおります。さらなる利便性の向上を図り、今後は他ツールとの連携強化も積極的に行う予定です。
URL:https://codemarketing.cloud/

▲「CODE Marketing Cloud」を導入すると、訪問回数、訪問ページ、利用端末、サイト内遷移、滞在時間、訪問タイミングなどの行動データをもとに Webサイト内のユーザー一人ひとりに最適なWeb接客を実現できます。

 

【エフ・コードについて】
2006年3月設立、SaaS事業とWebコンサルティング事業を展開。創業時より展開するWebコンサルティング事業では、広告・コンテンツマーケティング・コンバージョン改善を中心に各業界大手企業のWebサイトの成果改善に寄与しています。SaaS事業ではWebコンサルティングの知見に基づいたマーケティングソフトウェア「f-tra(エフトラ)」を日本・タイ・インドネシアの3拠点を中心にアジアにおいて提供。「f-tra」で得た顧客ニーズをもとに、2018年7月より新たな商品である「CODE Marketing Cloud」の提供を開始。「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」を経営理念に、プロダクト開発とアジア展開への投資を強化。アジアから世界をリードするマーケティングテクノロジーカンパニーを目指しています。

【株式会社 エフ・コード】
所在地:東京都新宿区市谷八幡町2-1 大手町建物市ヶ谷ビル5F
代表取締役社長:工藤 勉
設立:2006年3月
URL:https://f-code.co.jp/

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社 エフ・コード 広報担当 03-6272-8993  press@f-code.co.jp